とっとり花回廊ってどんなとこ?


とっとり花回廊の概要

○名  称  鳥取県立 とっとり花回廊
○所在地  鳥取県西伯郡南部町鶴田110
        南部町・伯耆町にまたがる越敷野台地
        米子自動車道・溝口ICから6km(約10分)
        JR米子駅から15km
        ※JR米子駅から無料シャトルバス運行
○面  積  約50ha(50万平方m) 151.515坪
        甲子園球場の約13個分 東京ドームの約11個分
○目的及び役割  ・「全県公園化構想」の推進と「憩いの場」の提供
             ・「観光振興」と「花卉園芸振興」の拠点
○事業主体 鳥取県
○総工費  約182億円
○工 期  平成7年8月〜平成11年3月
○管理運営  一般財団法人 鳥取県観光事業団
○開  園  平成11年4月18日
○入園料・営業日時  コチラをクリック

とっとり花回廊の特徴

☆天候や季節に左右されず、いつでも花や植物を楽しめます!
 ・一年中楽しめる大温室や展示館があるほか、1周1kmの屋根付き展望回廊があり、雨の日でも傘をささずに園内を展望することができます。
☆標高1,709mの秀峰・大山を間近に望む絶好の景観や自然を生かした広大な園内
 ・雄大な大山の姿を借景とした日本最大級のフラワーパークです。
 ・元の地形の起伏や雑木林を活かした広大な園内では、花を見るだけでなく、花のある美しい自然環境の中、季節の移り変わりを存分に味わうことができます。
☆幅広い年齢層に対応し、誰にも優しい施設
 ・主要な園路は勾配を緩くし、園内を一周する展望回廊は水平にできているので、お年寄りや車椅子の方でも無理なく散策できます。
☆野生ユリの植栽
 ・ユリの花をメインフラワーとして一年中展示し、日本に自生する野生ユリ15品種をすべて保有・展示している国内唯一の施設です。
☆幻想的な夜間庭園『ムーンライトフラワーガーデン』も人気です
 ・展望回廊が囲む、約80,000uの広大な庭園を、およそ14,000個もの灯りが柔らかに包み込む、他に類を見ない日本最大級の夜間庭園です。
 ・世界的な照明デザイナーである石井幹子さんのデザインによる夜間照明は、「月明かり」をイメージし、ロマンチックな「月の光の園」を演出します。
園内を一周するフラワートレインを運行しています。
 ・2台のフラワートレインが広大な園内を約15分で1周します。
 ・有料ですが、主なポイントを巡りながら案内放送付で周回することができますよ。
 ・天候などによって運休する場合がございますので、予めご了承ください。


 

facebook

twitter

PAGE