霧の庭園の花壇


写真離れて見ても花壇の形と色を楽しめる霧の庭園の花壇ですが、近づいてよく見ても面白いですよ♪

現在、霧の庭園の花壇を彩っている花をご紹介します。
写真中心の円の部分には「ケイトウ」が咲いています。

炎のような真っ赤な色と形の花が印象的ですね。
写真円の外の花壇には2種類の花が咲いています。

1つは「センニチコウ」です。

写真は3色混じって咲いていますが、単色の花壇もありますよ。
実は、コロコロした花に見えている部分は苞葉と呼ばれる葉で、この部分は乾燥しても長い間色あせません。
このことが「千日紅」という名前の由来になっています。
写真2つ目は「ペンタス」です。

小さな星がたくさん集まったような、とても可愛い花です。
「ペンタス」という名前は、花びらが5つに裂けていることからギリシャ語の5(ペンタ)に由来します。
ピンクのほかに赤と白の花もありますよ。



どの花も個性的な色と形をしています。
ぜひ近くでご覧下さい!
関連HP
掲載者
Counter:00914
 

facebook

twitter

PAGE